偶然の連休で香港へ弾丸ひとり旅

偶然の連休で香港へ弾丸ひとり旅

勤務希望していないのに夜勤明けに三連休があったため、どこか旅行に行きたいなぁと思い、旅行サイトを見ていたら、香港行きの飛行機が格安でラスト1席!
これは運命だと思い、あまり深く考えず飛行機とホテルをポチりました。

夜勤が終わり、ロッカーに入れていたリュック一つ背負い、職場からそのまま空港へ。
女子の旅行でこんなに荷物が少ないのも珍しいと思います。笑
夜勤明けなので機内では爆睡。到着したあとはエアポートエクスプレスとバスを乗り継いでカオルーンへ。

ホテルを探せどなかなか見つからず、なんども地図アプリを開いて位置を確認しましたが、なんだか怪しい建物を示すばかり。
ウロウロしていたら黒人からニセモノを買わないかなんてやたら声かけられるし、なんかやばい雰囲気。

よくよく調べると、その安宿は重慶大厦の中にあり、その重慶大厦について調べてみると、なかなかヘヴィな歴史。
大丈夫!なんて口コミもあるけど、はじめての海外ひとり旅。危険な目にあって嫌な思い出にしたくない私は、少し離れた所にあるホステルをとりなおしました。
そこの管理人のおじさんがカワイイ笑顔で、お互い拙い英語でほっこり会話できたので良かったです。

荷物を降ろしたあとはシンフォニーオブライツを見に散歩。地図アプリだけを頼りに到着。
うーーーーん、もっとビームあってよくない?と思いつつ、これが香港の夜景かぁ、遠くまで来たなぁ。なんて浸ったりしました。
ひそかにインスタ映え女子を狙っていた私は自撮り棒を取り出して色んな角度でステキな私とステキな背景!を目指しますが、全然パッとしません。笑
そして客観的にこの光景は辛いものがあると思い直し、やめました。笑

そのあとは近所のお粥屋さんで蟹入りの粥と点心を食べましたがかなり美味しかったです!お母さんに食べさせたい!なんて思うくらい!笑
2日目はマカオに行くつもりだったので、早起きしてフェリー乗り場へ。
チケット売りのおじさんと意思疎通が取れていなかったらしく、マカオ側に行きたかったのに気づいたらダイパ側に着いていました。

一瞬時が止まりましたが(のった時点で気づけよ)まー、これも何かの縁や、カジノやカジノやったる!と意気込むも、ここでも予定外の出来事。
現地のお金が日本円にして3千円くらいしか持っていない。もちろんキャッシングなんてしたことないし、、、
カジノの前には屈強なSPらしき黒人が後ろで手を組んで睨んでくるし。
こりゃ金なしで入ったら怒られるやつや!と思い、断念しました。皆さま換金はケチらずにやりましょう、、、。

その後世界遺産を求めてタクシーでセナド広場へ。日が暮れる前に香港に戻りたかったのでかなり駆け足で見たい場所だけ回りました。
マカオの料理が食べたかったのですが、なにせ3千円しかもってない私です。
今後何がおこるかわからない旅路ですので、100円くらいのエッグタルトをかじり空腹をしのぐ辛い旅程でした。笑

夜になり、夜景みてみようかなと思い立ち、急遽カオルーン半島にもどるフェリーではなく、香港島へ向かうフェリーに乗りました。
到着後あんまり考えずにそれっぽいバスに飛び乗り、山頂へ。
どんどん乗客居なくなるし、真っ暗な山奥だし、結構恐怖体験でしたが、無事にビクトリアピークに到着!なんと雨!笑
人も少なく、バスの恐怖を引きずっていた私は写真をチャチャチャと撮ったあと、トラムに乗り込んで下山しました。
雨のためトラムが空いていたのはラッキーでした!
そしてトラムの急降下感すごい。びっくりしておもわず笑ってしまう私です。これ、油断してたら転がり落ちるやつ、、、。
絶対怪我した人おるわ!軽くアトラクションです。

下山後はまた何も考えずに適当にバスに乗り、無事に日本円を換金して美味しい小籠包を食べることができました。フェリーに乗ってカオルーンへ戻り、ホテルに到着。かなり移動したので近場のマッサージ屋さんで足裏マッサージをしてもらい、眠りにつきました。

最終日はあまり時間がなかったのでお土産をさっと買って空港へ移動し、帰国しました。
はじめてのひとり旅でしたが、刺激的で思い出深い旅行となりました。